TODAY(トゥデイ)エクセル(Excel)関数

TODAY(トゥデイ)エクセル(Excel)関数

TODAY(トゥデイ)は現在の日付に対応するシリアル値を返します
ブックを開いているどうかに関係なく、シートに現在のデータを表示するすることができます。
また特定の日から今日までの日数を計算することができます

・関数TODAY(読み方 - トゥデイ)
・書式=TODAY()
・内容現在の日付を取得します
使い方
例)=TODAY() 結果は 2022/11/30
※結果セルの書式設定を"日付"にしておく必要があります

複雑な使い方(誕生日から今日まで)
いくつかの関数を使って生まれてから今日までを表示します
生年月日を1966/4/20として計算します

例1)誕生日から今日までの日数
DATEVALUEで誕生日のシリアル値を取得してTODAYのシリアル値から引きます
=TODAY()-DATEVALUE("1966/4/20")&"日"
※結果セルの書式設定を"数値"にしておく必要があります

例2)誕生日から今日までの歳月
歳月を取得する場合単純に日数を年で割って日で割ってだと月は28~31あるしうるう年もありますDATEVALUEでシリアル値から計算します
年を取得 =DATEDIF(DATEVALUE("1966/4/20"),TODAY(),"y")
月を取得 =DATEDIF(DATEVALUE("1966/4/20"),TODAY(),"ym")
日を取得 =DATEDIF(DATEVALUE("1966/4/20"),TODAY(),"md")

これを組み合わせて

となります
DATEVALUEの誕生日もセル指定ができるのでセル指定の方が入力が少なくなります

例3)今日からオリンピックまでの日数(開会式 2021年7月23日)
="あと"&DATEVALUE("2021/7/23")-TODAY()&"日"
※結果セルの書式設定を"数値"にしておく必要があります

例4)今日からオリンピックまでの歳月
年を取得 =DATEDIF(TODAY(),DATEVALUE("2021/7/23"),"y")
月を取得 =DATEDIF(TODAY(),DATEVALUE("2021/7/23"),"ym")
日を取得 =DATEDIF(TODAY(),DATEVALUE("2021/7/23"),"md")

これを組み合わせて

となります



応用サンプル 誕生日から今日までの歳月を取得(今日:2022年11月30日)
  A B C D E
1        
2   氏名 誕生日 今日まで  
3   犬屋敷 壱郎 1962年3月9日 60年8ヵ月21日  
4   佐藤 二朗 1969年5月7日 53年6ヵ月23日  
5   石倉 三郎 1946年12月16日 75年11ヵ月14日  
6   伊東 四朗 1937年6月15日 85年5ヵ月15日  
7   稲垣 吾郎 1973年12月8日 48年11ヵ月22日  
8   岡島 緑郎 1977年8月21日 45年3ヵ月9日  
誕生日から今日までの歳月を取得します

セルB3)犬屋敷 壱郎
セルC3)1962年3月9日
セルD3)=DATEDIF(C3,TODAY(),"y")&"年"&DATEDIF(C3,TODAY(),"ym")&"ヶ月"&DATEDIF(C3,TODAY(),"md")&"日"

上記の表は誕生日ググりましたが犬屋敷壱郎は見つけられなかったので
実写版公開(2018年4月20日)映画「いやしき」公開を記念して
主演の犬屋敷壱郎の木梨憲武さんの誕生日を設定しました

実はエクセルは簡単にできたんです
上記の表のエクセルの数式をPHPで再現しています(毎日増えます)
PHPの歳月取得の方がかなり難しかったです


TODAY()関数とNOW()関数の違い
NOW 関数でも結果セルの書式設定を"日付"にしておけば同じ結果が得られますがTODAY関数では書式設定を"時刻”にしてもは0:00:00になります
例)=NOW() 結果は 2022/11/30
TODAY(トゥデイ)関数とよく使うエクセル関数
 年  =YEAR(TODAY())  2022 
 月  =MONTH(TODAY())  11 
 日  =DAY(TODAY())  30 
 時  =HOUR(NOW())  19 
 分  =MINUTE(NOW())  44 
 秒  =SECOND(NOW())  38 


TODAY(トゥデイ)>HOME

エクセル(Excel)関数

(C) 2001-2022 Digital World