MINUTE(ミニット)エクセル(Excel)関数

MINUTE(ミニット)は、時刻のシリアル値から「分」表示を返します。戻り値は 0 (分) ~ 59(分) の範囲の整数となります

・関数MINUTE(読み方 - ミニット)
・書式=MINUTE(シリアル値)
・内容時刻の分を返します。戻り値は 0 ~ 59 の範囲の整数となります。
使い方
エクセルでは時刻を計算するために時刻が一連のシリアル値として処理されます
MINUTE関数は指定された時刻やNOW()などの数値から時刻の分だけを表示します。
例)=MINUTE(NOW())&"分" 結果は41分

エクセル表サンプル
  A B C D E
1        
2   時刻
3   2023/2/9 15:41 15 41 38
4   2023/2/10 15:41 15 41 38
5   2023/2/11 15:41 15 41 38
6   2023/2/12 15:41 15 41 38
7   2023/2/13 15:41 15 41 38
エクセル表サンプルのセルD3の数式
=MINUTE(B3) 結果41
時刻の分だけを表示します
41分のように分を表示したい場合は
=MINUTE(B3)&"分"
時刻を表示する他の関数
 時  =HOUR(NOW())  15 
 分  =MINUTE(NOW())  41 
 秒  =SECOND(NOW())  38 


MINUTE(ミニット)>HOME

エクセル(Excel)関数

(C) 2001-2023 Digital World