指定の文字列を含むセルを抽出とセルに警告:エクセル(Excel)関数

指定の文字列を含むセルを抽出とセルに警告

セルの中に含まれる文字を探して、セルの個数を数えたり含まれる場合に指定の文字列を返します。

セルの中を検索するのはCOUNTIF関数を使います
・関数COUNTIF(カウントイフ)
・書式=COUNTIF(範囲,検索条件)
・内容指定された範囲に含まれるセルのうち検索条件に一致するセルの個数を返します。
セル内に「美」を含むセルの個数
=COUNTIF(B3:B17,"*美*")
結果:2

B3~B17の範囲で「」を含むセルの個数の出し方は
ワイルドカードで「*」をつけると
「*美」:美で終わる文字列(美の前の複数の文字は無視されます)
「美*」:美で始まる文字列(美の後の複数の文字は無視されます)
「*美*」:美を含むセルをカウントします

ワイルドカードは「*」複数「?」は1文字です
「?美」:美の前に1文字
「??美」:美の前に2文字
「???美」:美の前に3文字

エクセル表サンプル
  A B C D   E     F  
1            
2    氏名   子で終わる   禁止文字   氏名に柏木   
3    大島優子   大島優子       
4    前田敦子   前田敦子       
5    篠田麻里子   篠田麻里子       
6    板野友美         
7    渡辺麻友         
8    高橋みなみ         
9    小嶋陽菜         
10    柏木由紀       柏木由紀   
11    宮澤佐江         
12    河西智美         
13    峯岸みなみ         
14    秋元才加         
15    北原里英     禁止文字     
16    指原莉乃     禁止文字     
17    横山由依         
子で終わる 人数
=COUNTIF(B3:B17,"*子")
結果:3

セルC3~C17
子で終わる 人を抽出
=IF(COUNTIF(B3,"*子")=1,B3,"")
=IF(COUNTIF(B4,"*子")=1,B4,"")
 :
=IF(COUNTIF(B17,"*子")=1,B17,"")

セルD3~D17
指定文字を含む(氏名に"原"を含むと"禁止文字"と表示
=IF(COUNTIF(B3,"*原*")>0,"禁止文字","")
=IF(COUNTIF(B4,"*原*")>0,"禁止文字","")
 :
=IF(COUNTIF(B17,"*原*")>0,"禁止文字","")

セルE3~E17
指定文字を含む(氏名に柏木を含む人を抽出
=IF(COUNTIF(B3,"*柏木*")>0,B3,"")
=IF(COUNTIF(B4,"*柏木*")>0,B4,"")
 :
=IF(COUNTIF(B17,"*柏木*")>0,B17,"")

COUNTIF関数は通常範囲を指定しますが
COUNTIF(B17,"*原*")1つのセルでも検索できます

COUNTIF(B17,"*原*")で「原」を含むセルの個数ですが
範囲セルが1つなので、
セル内に「原」を含んでいるかになります
当然結果は「0」か「1」になります

これをIF関数で
=IF(COUNTIF(B17,"*原*")>0,B17,"")または
=IF(COUNTIF(B17,"*原*")=1,B17,"")とすると
「1」の時は「セルB17」を返し
「0」の時は「""」空白になります

「1」の時の返すセルを文字列で
=IF(COUNTIF(B3,"*原*")>0,"禁止文字","")
「禁止文字」とすることで指定文字を返すことができます


 IF   値または数式が条件を満たしているかテスト  
 COUNTIF   検索条件に一致するセルの個数  
HOME

エクセル(Excel)関数

(C) 2001-2019 Digital World