DATE(デート)エクセル(Excel)関数

DATE(デート)エクセル(Excel)関数

DATE(デート)は、年のセル、月のセル、日のセルからシリアル値が有効な日付を求めます

・関数DATE(読み方 - デート)
・書式=DATE(年,月,日)
・内容年、月、日から日付を求めます
使い方
エクセルでは日付を計算するために、日付が一連のシリアル値として処理されます
文字列を連結させるだけだと日付として認識されません
DATE関数は「年」や「月」「日」だけが入力されたセルを連結することでエクセルのシリアル値が有効な日付になります

エクセル表サンプル
  A B C D E F
1        
2   日付 曜日
3   2022年1月25日 2022 1 25 (火曜日)
4   2022年1月26日 2022 1 26 (水曜日)
5   2022年1月27日 2022 1 27 (木曜日)
6   2022年1月28日 2022 1 28 (金曜日)
7   2022年1月29日 2022 1 29 (土曜日)
=B3セルの数式
=DATE(C3,D3,E3)
結果:2022年1月25日

年、月、日どれか1つでも入力しないと
「この関数に対して、少なすぎる 引数が入力されています。」
とエラーになります
この関数に対して、少なすぎる 引数が入力されています。

月と日は13月や40日などが指定されると
繰り上がります
2019年13月10日の場合は
2020年1月10日になります

2019年4月50日の場合は
2019年5月20日になります

0を指定すると1戻りマイナスを指定すると指定した数戻ります
2019年4月0日 → 2019年3月31日
2019年1月-9日 → 2018年12月22日
2019年-100月0日 → 2010年7月31日


日時を表示する他の関数
 年  =YEAR(TODAY())  2022 
 月  =MONTH(TODAY())  1 
 日  =DAY(TODAY())  25 


DATE(デート)>HOME

エクセル(Excel)関数

(C) 2001-2021 Digital World