SUBSTITUTE(サブスティチュート)エクセル(Excel)関数

SUBSTITUTE(サブスティチュート)は文字列を別の文字列に置換します
全角、半角、大文字、小文字は区別されます。
・関数SUBSTITUTE(サブスティチュート)
・書式=SUBSTITUTE(文字列, 検索文字列, 置換文字列, 置換対象)
・内容文字列の中から指定した文字を置換します。全角、半角、大文字、小文字は区別されます。
検索文字列が見つからないと文字列を返します
置換対象は省略できます
使い方
例)=SUBSTITUTE("045-111-2222","045-","(045)")
 結果は (045)111-2222
※文字列は 「"」 で挟む必要があります。セル指定もできます。
置換対象は省略すると文字列すべてを検索します
置換対象に1を指定すると最初に見つけた1つだけを置換します(複数可)

数式を使わなくても置換はできますが元のデータは変更されます。
元のデータを残したい場合などに数式を使います

数式を使わない方法
「ctrl」を押しながら「H」キー(置換だけにH?)を押すと
ポッポアップウインドウが表示されます



「検索する文字列」に検索文字列
「置換後の文字列」に置換文字列を入力します
「すべて置換」を押すとシートの全部が対象になり「置換」を押すと最初の1つが置換されます

「オプション」を押すと細かい設定も可能になります。



数式ではできないセルの色など設定も変更することが可能です


文字列を取得する他の関数
 LEN  文字列の文字数を取得します
 MID  指定された文字数の文字を取得します
 SEARCH  字列を他の文字列の中から検索します
 SUBSTITUTE  指定した文字を置換します
HOME

エクセル(Excel)関数

(C) 2001-2019 Digital World