AVERAGE(アベレージ)エクセル(Excel)関数

IF関数の複数条件指定 ANDとOR
条件を指定して真と偽に分けるIF関数の複数条件を指定する ANDとORの使い方
・関数IF(イフ)
・書式=IF(論理式,真の場合,偽の場合)
・内容IF 関数を使用して値または数式が条件を満たしているかどうかをテストできます。
AND()は全てが複数条件を満たしているとき「真」になり
例)=if((AND(B4=C4,B5=C5,B6=C6)),"正解","不正解")

OR()はどれか1つでも複数条件を満たしているとき「真」になります
例)=if((OR(B4=C4,B5=C5,B6=C6)),"正解","不正解")

エクセル表サンプル
  A B C D E F G H
1              
2     国語 算数 理科 社会 合計 合否
3   鈴木 86 73 70 90 319 追試
4   佐藤 76 69 65 72 282 追試
5   小林 60 88 90 62 300 追試
6   高橋 98 95 95 90 378 合格
7                
エクセル表サンプルから
複数の条件を指定します

条件1)4科目の合計が320点以上
条件2)1科目に最低点は70点以上

条件にマッチした人が合格にします

まず条件1を満たすには
=IF(G3>=320,"合格","追試")
合計が320以上で合格になります

条件2の最低点70点以上
=IF(AND(C3>=70,D3>=70,E3>=70,F3>=70),"合格","追試")
AND()内のすべてが条件を満たせば合格になります

条件1と条件2を合わせて
条件1の"合格"の部分に条件2の式を入れます
エクセル表サンプルのセルH3の数式
=IF(G3>=320,IF(AND(C3>=70,D3>=70,E3>=70,F3>=70),"合格","追試"),"追試")

合計が320点以上で合格ですが
1科目でも70点未満があると追試になります


OR()を使う場合
条件2で全科目70点以上なのでANDを使って
=IF(AND(C3>=70,D3>=70,E3>=70,F3>=70),"合格","追試")
としていますが
1科目でも70点未満がある場合追試にするにはORを使用して
=IF(OR(C3<70,D3<70,E3<70,F3<70),"追試","合格")
となります


IF関数と組み合わせてよく使うエクセル関数
 AVERAGE  空白や「0」のセルを無視した平均値
 AVERAGEA  空白や「0」のセルを含む平均値
 LARGE  範囲内の最大値
 SMALL  範囲内の最小値
 ROUNDDOWN   指定した桁数で切り捨て
 VLOOKUP   表の範囲を列から検索して呼び出す
HOME

エクセル(Excel)関数

(C) 2001-2019 Digital World