SUMIF(サムイフ)エクセル(Excel)関数

SUMIF(サムイフ)は、指定範囲内の列から条件を検索して一致した行のセルと指定した列の数値を合計します
・関数SUMIF(サムイフ)
・書式=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)
・内容一覧表の中から指定された検索条件に一致するセルの値を合計します。
使い方
SUMIF は SUM と IF をあわせたような関数で、SUM は範囲を指定して合計する関数ですが、SUMIFは範囲を指定して、条件を指定することで条件に合ったものだけを合計します。
例)=SUMIF(D3:D13,F16,E3:E13)

エクセル表サンプル
  A B C D E F
1            
2   日時 分類 内容 金額  
3   8月10日 支出 通信費 10,800  
4   8月13日 支出 外食 3,150  
5   8月15日 支出 通信費 6,755  
6   8月15日 支出 外食 4,000  
7   8月20日 支出 定期代 5,500  
8   8月20日 支出 外食 2,100  
9   8月22日 支出 外食 2,100  
10   8月25日 収入 給与 354,570  
11   8月27日 支出 家賃 120,000  
12   8月28日 支出 外食 4,200  
13   8月28日 支出 電気代 12,545  
14   8月28日 支出 外食 2,100  
15            
すべてを合計するならば SUM関数で合計できますが、SUMを使うと収支に-(マイナス)をつけなければいけなくなります
=SUMIFは収入だけ、や通信費だけと条件をつけたものだけを抽出して合計します。

サンプルの支出の出し方 =SUMIF(C:C,"支出",E:E)
サンプルの収入の出し方 =SUMIF(C:C,"収入",E:E)
サンプルの外食の出し方 =SUMIF(D:D,"外食",E:E)

サンプルの通信費の出し方
例1)=SUMIF(D3:D14,"通信費",E3:E14)
例2)=SUMIF(D:D,"通信費",E:E)
例1は範囲で指定、例2は列で指定しています


結果が0になる、足されないなどの場合

=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)
=SUMIF(C:C,"支出",E:E)
検索条件は完全一致のセルでないと呼び出してくれません

範囲検索条件が"支出"でなく
"支 出" ← 文字の間に半角スペース
"支出 " ← 文字の後ろに半角スペース
" 支出" ← 文字の前に半角スペース
半角スペースが1つあるだけでも一致したセルにはなりません

検索条件の数式を間違えることはあまりないと思われるので、範囲の文字列に半角スペースなどが含まれていないか、含まれていたら検索条件に指定した文字以外は削除します


結果が0になる、日時を呼び出している場合

2通りが考えられます

=SUMIF(B:B,"8月28日",E:E)

1つ目:範囲が文字列で入力されている場合
検索条件は「8月28日」を探しているわけではなく
「8月28日」のシリアル値を検索します
8月28日 表示が日時の場合:「8月28日」
検索しているシリアル値:「43705 」
したがって範囲が文字列で「8月28日」と入力されている場合
「8月28日」という数字と漢字なので一致しません
対応策:範囲の表示形式を日付の8月28日を選択して日付で打ち直します

2つ目:範囲の「8月28日」が今年ではない場合
何かの表や去年から使いまわして日付をコピーした場合
「8月28日」が実は「2017年8月28日」など今年ではない場合
検索条件の「8月28日」は今年なので一致しません(条件の年号を省略すると今年になります)
対応策:セルをクリックして見ると年号も表示されるので今年に直します

また検索している関数がTODAYやNOWの場合
TODAYもNOWも表示を日付にすれば「8月23日」ですが
シリアル値が違うので一致しません
=NOW()  43700.665451389
=TODAY() 43700
NOW()は小数点以下に時間を表示しています
今日を検索するにはNOW()ではなくTODAY()を使います


SUMIFとよく使うエクセル関数
 SUM  指定したセル範囲の合計
 SUMIF  検索条件に一致するセルの値を合計
 VALUE  数値の文字列を数値に変換
HOME

エクセル(Excel)関数

(C) 2001-2019 Digital World