SUM(サム)エクセル(Excel)関数

SUM(サム)は、個々の値、セル参照、セル範囲、指定したセルに含まれる数値をすべて合計します
・関数SUM(サム)
・書式=SUM(数値1, 数値2, ...)
・内容指定したセル範囲に含まれる数値をすべて合計します。
使い方
カンマ区切り
=SUM(C10,C11,C12,C13) C10とC11とC12とC13

コロン区切り
=SUM(D10:D13) D10からD13まで

上記を組み合わせて使うことも可能
=SUM(D10:D12,C11) D10からD12までとC11
=SUM(D10:D13,C11:C13) D10からD13までとC11からC13まで

エクセル表サンプル
  A B C D E F G
1            
2     国語 算数 理科 社会  計 
3   鈴木 87 75 70 90 322
4   佐藤 76 69 65 72 282
5   小林 60 88 90 62 300
6   高橋 98 95 95 90 378
7   最高点 98 95 95 90 378
エクセル表サンプルのG3の求め方は3種類
・=C3+D3+E3+F3
・=SUM(C3,D3,E3,F3)
・=SUM(C3:F3)

これが数十行あったらかなり数式が長くなります。
やはり3番目の":"コロン区切りでの範囲指定がシンプルでしょう
範囲指定「=SUM(C3:F3)」はC3からF3で、途中に文字列がある場合無視されます


=SUM()関数が計算されない場合(結果がすべて0になる場合)

数字が文字として認識されている場合

左上に出る緑のマーク
このマークが出ているセルは数字を文字列として表示しています。
SUM()関数で緑マークが出ているセルを含むとそのセルは計算されません

何かの数式が入力されている場合VALUE()関数を使って
数式すべてをVALUE()です囲ってしまえば数値化します

またどこかからコピーして持ってきた場合

数値化したいセルを選択すると左上に図のようなマークが出ます
これをクリックすると


数値が文字列として保存されています
と表示され選択肢が現れます
いくつかありますがここで「数値に変換する(C)」を選択します

「数値に変換する(C)」は数字に変換されますが、すごく時間がかかります
上の図くらいなら5~6秒程度で終わりますが何千セルを変換した場合、固まったか壊れたと思うくらいです(壊れてませんとっても時間がかかるんです。)

計算式の結果が文字列になっている場合も計算されません

="1000"
「"」ダブルクォーテーションで挟まれた数字は文字列として扱われ計算されません

=IF(B3=D3,"1000","2000")
上記のIF関数も真の値も偽の値も「"」ではさまれているので、結果のセルは「1000」や「2000」ですが文字列扱いなので計算されません。計算されるようにするには2種類の方法があります

・VALUE()関数の中に入れる
 =VALUE(IF(B3=D3,"1000","2000"))

・「"」ではさまない
 =IF(B3=D3,1000,2000)

上記の例はIF()関数を使っていますが、基本的にIFやIFERRERなどの結果が文字列ならば「"」ではさみますが、数字はそのまま「"」にはさまなくてもエラーにはなりません


SUMとよく使うエクセル関数
 SUM  指定したセル範囲の合計
 SUMIF  検索条件に一致するセルの値を合計
 VALUE  数値の文字列を数値に変換
HOME

エクセル(Excel)関数

(C) 2001-2019 Digital World