CEILING(シーリング) - エクセル(Excel)関数

CEILING(シーリング) - エクセル(Excel)関数

CEILING(シーリング)は基準値を決めることで数値基準値の倍数の最も近い値に切り上げた数値を返します。
結果は必ず基準値の倍数になります
基準値の切り捨てた倍数にする場合は最後に基準値をマイナスすることで基準値の倍数の最も近い値に切り捨てた数値になります。
・関数CEILING(読み方 - シーリング)
・書式=CEILING(数値,基準値)
・内容基準値の倍数の最も近い値に切り上げた数値を返します
7800円を1000円単位に切り上げる場合
=CEILING(7800,1000)
=8000

7800円を1000円単位に切り捨てる場合
=CEILING(7800,1000)-1000
=7000



セル)E4
=CEILING(B4,"0:30")
基準値を30分単位「"0:30"」にすることで30分の倍数に切り上げられます

セル)F4
=CEILING(C4,"0:30")-"0:30"
30分単位で切り上げられ数値から30分単位「"0:30"」をマイナスすることで30分の倍数に切り捨てられます
CEILING関数を使用した他のページ
消費税8%の価格を10%にする方法とCEILING関数

CEILING(シーリング) > HOME

エクセル(Excel)関数

(C) 2001-2021 Digital World